土地取引

土地取引とは、不動産である土地を売買取引するものになり、大きな資産の取引になりますので、その取引の検討から取引が終了するまでの間に多くの時間と労力が必要になるものになります。

土地の取引では、様々な法的な制限や土地の評価にかかわる問題、また、土地取引の手続きには免許を持った取引業者が必要であったりするために、基本的には売り手側と買い手側の相対取引になるものの、多くの人間がかかわることになる売買取引になります。

このようなことを差し引いても、土地取引にはそれを行う様々なメリットがあり、また考えるべきデメリットも存在しています。
資産運用に興味がある方はこちらwww.australiahighlow.biz、初心者の方はこちらhttp://www.fxoption.net/rank/highlow-australia.htmlもご覧ください。

例えば、土地を所有している場合にはその土地がどのようにして利用されているかにより、その土地の税率が変わってきます。
なにも活用されていない土地は税率が高くなり、住居などに利用していれば税率は安くなります。

資産取引おすすめサイト>>http://www.fxgaido.com/tesuto/highlow-net-review.html

こうした事から、更地の空き地を所有している場合などでは、そこから例えば家賃収入のようなものを得る事が出来ませんので、無駄な税金を納めなくてはならなくなります。
こうした土地などを相続した場合などは、それだけで大きなコストにもなりますので、売却をすることによって、このコストを削減することができます。

土地を売る際のメリットとしては、土地を売ることによって金銭に換える事ができるために、この金銭を使って資産の組み換えを行うことができる事や、地価の値下がりによる価値の低下のリスクを回避できる事、また土地の維持費のコストを削減できるなどが考えられます。

デメリットとしては、土地がなくなるためのこれを有効利用することができなくなり、例えばマンションなどを建てて、そこから家賃収入などを得る事ができなくなります。
土地を売却して得られた収入が、すべて金銭になるわけではなく、そこから印紙税代や仲介手数料などが差し引かれることになり、一般的には売却した代金の5%ほどがこうしたものの費用となります。

また、土地を売却したことによる利益の部分である譲渡益には、譲渡税として所得税や住民税がかかることになり、売却する土地の所有期間や使用目的などによって変わることがありますので、こうした部分もしっかりと確認をする必要があるでしょう。

もちろん土地を購入する買い手側にもメリットとデメリットがあり、購入した土地を利用してマンション収益を得たり、自分の思うような住戸を建てたりと自由に活用できるほか、建物の資産価値とは違い、土地は減価償却がされないために、高い資産価値を保つことができますが、その分、高い固定資産税を払わなくてはならず、こうした部分はデメリットとなるでしょう。

おすすめサイト>>http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonline