土地取引の流れ

土地取引は、大きな資産の売買取引になるために、例えば、コンビニで物を買うような気軽な形で行える取引にはならず、様々な手続きや確認事項を経て取引を行うことになります。

こうした土地取引の流れは、売り手側と買い手側とでそれぞれに決めるべきことや確認するべきことがあり、注意点なども大きく違ってきます。

売り手側の場合であれば、まずは自分の持っている土地の価格がいくらぐらいであるのかを知る必要があります。
土地の価格は、その使いやすさや周りとの環境、また周辺の土地の相場などいろいろな要素によって変わってきますので、自分の土地の周辺の不動産業者などに確認をしてみるのが良いでしょう。

次に不動産会社を探しますが、信頼できる不動産会社を見つけることが重要ですので、物件の価格の査定を依頼し、多くの不動産業者に対して査定を依頼し、どの不動産業者と取引を行いたいかを決めて、仲介を依頼するのも方法です。

不動産会社が決まれば、いよいよ不動産の売り出しになりますが、不動産業者とよく相談をして売り出し価格を決定する必要があります。
この価格の設定によって物件の引き合いも決まる部分がありますので、慎重に決めましょう。

購入希望者が現れたら売却条件の交渉に入ります。この際には物件の情報を正確に購入希望者に伝えておくことが重要になりますので、不動産業者を通してしっかりとした情報を提供します。

購入希望者と合意ができたら、売買契約を結ぶことになります。売買契約書は双方で必ず確認を行いその内容を共有するようにし、契約が締結されれば、ついに土地を引き渡すことになりますが、この際にも抵当権の抹消や契約書の印紙税などがかかりますので、そうした部分も漏れの内容に手続きを終了しましょう。

これに対して買い手側の場合には、ますは購入したい土地の希望条件を整理し、おおよその予算を決めるところから始めます。
特に予算については、預貯金の額や銀行への借り入れなども確認が必要になりますので、しっかりと予算の目安を立てます。

これらが終了したら、不動産業者に赴き物件を探しますが、その際には必ず現地を訪れて確認をするようにしましょう。
希望条件に見合う物件が見つかったら、不動産業者に申し込み証拠金を預けるなどして申し込みを行い、不動産業者と売り手側との条件交渉に入ります。

この際には、物件に対しての様々な情報の詳細を聞くことができますので、しっかりと納得がいくまで様々なことを確認しておくことが必要になります。
非常に大きな金銭の動く売買契約になりますので、不安が残らないように確認をし、納得がいくようであれば、その後に売買契約が締結され物件の引き渡しと共に、金銭の支払いを行い、不動産の登記手続きなどを行います。

このように、土地取引では様々な事柄を行っていく必要があり、どれを欠いても取引は行えませんので、しっかりと時間をかけて取引を行っていきましょう。